介護保険制度

市区町村が保険者となって運営しています。
40歳以上の人が加入者となり保険料を納め、介護が必要となったときには費用の一部を支払ってサービスを利用できる仕組みです。

サービスを受けるまでの流れ
@申請
本人、又はご家族などが市区町村の窓口で申請します。

A認定調査
市区町村の職員が自宅を訪問し、心身状態の聞き取り調査を行います。

B審査・通知
訪問調査の結果と主治医意見書を元に審査。判定が出ると「認定結果通知書」と「保険証」が届きます。

C居宅サービス計画
ケアマネージャーが利用者と話し合いケアプランを作成します。

Dサービス事業者と契約
訪問介護や訪問看護などを行うサービス事業者と契約します。

Eサービス開始です。

要介護度と支給限度額

支給限度額の範囲内でサービスを利用する場合は自己負担1割です。
ただし、上限を超えた場合は全額が自己負担になります。

inserted by FC2 system